Archive for 5月, 2014

こんにちは、ちのですimg_cid_013760000.gif

頂いたステキな差し入れimg_cid_013760001.gif

甘過ぎなくておいしーチョコクロワッサンimg_cid_013760002.gif

友達の旅行のお土産めんべいimg_cid_013760003.gif

ありがとうございましたimg_cid_013760004.gif

20140529213705_A1.jpg

縮毛矯正part3

アシスタント池田です(^o^)/
 
マニアックな記事で申し訳ありませんが前回の記事の続きです(^-^;
 
前回は縮毛矯正の2剤についてやりましたが今回は1剤を流した後のアイロンの工程の検証をしてみました!
 
縮毛矯正をする上で癖を伸ばす為に2つのパワーが必要です。
1つが化学的パワー(薬を使って髪の結合を切断→再結合)
もう1つが物理的パワー(ストレートアイロン、ブローで伸ばす)
ざっくり言うとこの2つで伸ばします!
今回は物理的パワーを従来のやり方と変えてどう違うのかやってみました!
 
まずビフォア
20140515_232311-1.jpg
これは前回も書いたようにパーマで作ったクセ毛なので普段根元に使う薬を使うと簡単に伸びてしまうので毛先用の弱い薬を塗布して5分で流します!
20140515_232949-1.jpg
5分放置で洗い流した後がこちら
20140515_234008-1.jpg
この時点では全く伸びてません(化学的パワーが弱いため)
 
で、左はうちのサロンが昔からやっている従来の一般的なやり方、右は僕が崇拝する美容師さんたちが考えたやり方
 
詳細を説明したいのですが長くなってしまうので次回にします(笑)
 
で結果は…
20140516_003810-1.jpg
左右とも薬(化学的パワー)は全く一緒です!
 
アイロンの工程をちょっと変えて物理的パワーを増やしたらこうなりました。
 
勘違いしてほしくないのですがもちろん今回は薬をかなり弱くしてるので普段どうりの薬を使えば問題なく伸びます
実際に営業でも今までのやり方でも問題なく伸びてますので(^-^)
 
ここからは美容師さんに向けてになってしまいますが…
 
ただ…ごくたまーにいませんか?全然伸びない人!
 
伸びないからって薬を強くしてませんか?放置時間をかなり置いてませんか??
 
やっと伸びたと思ったら…かなり傷んでませんか?必死にトリートメントしても、何ヵ月後にいらっしゃったとき、バサバサになってません?
 
化学的パワーばかり上げても髪の毛のたんぱく質をいじくるわけなのでやり過ぎるとハイダメージのリスクもかなり高くなります…
 
なら、物理的パワーを増やしバランスをとればダメージのリスクを上げずに癖を伸ばす事ができるんじゃないか…
 
今までの薬であともうちょっとなんだけどなーとか、この薬で伸びるんだけどダメージが…とか思ったとき、物理的パワーにも目をやって見ましょう♪
 
バランスが大切です(^-^)
 
続く…(笑)

アシスタント池田です(^o^)/

前回の記事の続きですが、少し内容が美容師さん向けかもしれませんのでご了承下さいm(__)m

早速、前回作ったクセ毛ちゃんに縮毛矯正をしていきます!
縮毛矯正の大まかな工程としては
①1剤をつけて、髪の毛の結合を切っていきます(赤い部分)
DSC04779.jpeg
結合にも何種類かあり、細かい事を言うとマニアック過ぎるので、とりあえず薬の力で髪の毛を柔らかくするイメージです!
時間を置いたら一度薬を流します
②結合がある程度切れてる状態で乾かしてブローやストレートアイロンを使用し、髪の毛を真っ直ぐの状態にしていきます!
DSC04773.jpeg

?2剤をつけて真っ直ぐの状態にした髪の毛の結合をくっつけていきます。適正時間放置したら流して終了です

と、ざっくりと説明するとこんな感じです!

あの絵はあくまでもイメージですので本来の髪の毛の構造は全く違うので、よく美容師さんでもあーゆう素人さん向けのイラスト等を信じこんで覚えちゃってる人がいるのでプロとしてきちんと勉強しましょう(^-^;

実際は女心より複雑です(笑)

話はそれましたが、大体の人が縮毛矯正の結果を良くしようとすると?と?の工程の中でしか考えないので(もちろん?も?もとても大切です)、僕は?の工程での検証をしてみました!

20140510_205200-1.jpg
左右で分けて1剤、ドライ、アイロンまでの?,?の工程は全く同じようにします。

20140510_212357-1.jpg

で?の2剤を左右で変えてみます!
日本の法律では、縮毛矯正の2剤に認められている酸化剤は臭素酸ナトリウム(カリウム)通称ブロム酸と、過酸化水素水、通称オキシドールの2つです

ちなみに左がブロム酸、右がオキシドールです!
それぞれ特徴としてブロム酸は酸化反応時に髪の毛に塩が残るので髪にハリコシが出る、反応スピードは緩やか、phは酸性領域で活性化する
オキシドールは酸化反応時に水しか残らないので仕上がりが軽い、反応スピードはとても速い、phはアルカリで活性します

まぁそんな事言われても良くわからないと思うので結果をお見せします!
20140511_211346-1.jpg
クセ毛の伸びに関しては違いは出ませんでしたね、手触りもそこまで違いはなかったのですが、これで終わってもその時自己満美容師ですので、お客様が家に帰ってしばらく経ってからを想像して食器用洗剤で洗ってみました!
なぜ洗うのかというと、前の記事にも書いたように、今の薬はトリートメント成分(感触向上剤)が沢山入ってるのでその日の仕上がりは大体良い感じになるんです(^-^;

んで余計なものを洗い落としてみると、質感の違いがハッキリでました!

触るとわかるのですが…上手く伝わるかわかりませんが
20140511_211655-1.jpg
完全に乾かした状態でロッドを巻き1分置きます、で外してみると…
20140511_212024-1.jpg
右のほうが曲がってます!
つまり右のオキシドールの方が柔らかく仕上がっているんですね(^-^)
ブロムの方がピンピンした感じですが…逆を言えば、細毛で軟毛の方には向いてると思います。

美容師の皆さん、2剤の事も考えましょう!その日が良くてもお客様が家に帰って自分でやってみた時に硬かったり柔らかすぎたら意味ないですよね?

img_cid_005168000.gifこんにちは、茅野です

暖かくなってきて夏の方が好きな私としては嬉しいかぎりですimg_cid_005168001.gif

だがしかし、癖っ毛の私は湿気に弱いのですimg_cid_005168002.gif

全体的に癖毛ですが、何より前髪が湿気に負けるとナスのヘタのようなありさまにimg_cid_005168003.gif

雨の日は怯えてしまうのですimg_cid_005168004.gif

そこで北浦和店スーパーアシスタント、池田と石沢にストレートパーマかけてもらいましたimg_cid_005168005.gif

全体的にかけるのではなく気になる前髪と顔まわりだけのポイントストレートですimg_cid_005168006.gif

これで夏を乗り切ろうーimg_cid_005168007.gif

アンテナ北浦和店では全体的に行うストレートパーマはもちろん、気になる所だけのポイントストレート、ボリュームダウンを目的としたストレートなど色々なメニューがあります。

是非ご相談下さい

« 前のページへ このページのTOPへ